書きなぐり台湾生活日記 手紙

書きなぐり台湾生活日記

台湾在住歴9年目突入のいわゆるハーフな女子大生が読者なんかそっちのけでとにかく語る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手紙

「・・・悪いけど俺、兄貴を捨てる。」



『手紙』の映画を見ました!
うん・・・・実は、5回も泣いちゃった(笑)
涙腺緩過ぎやなあたしww

というか久しぶりにああいう役の山田さん見たなぁ。
最近ウシジマくんばっかり見てたから更に・・・・変な感じ(´∀`;)
強盗殺人犯の弟の役なんですが、山田さん劇中何回も泣くんですよね。色々な事情があって。
・・・・今の役とものすごいギャップやよ本当w

5回もどこで泣いたかはハッキリ覚えてないんだけど、
直貴が声を上げて大泣きするところはあたしも必ず泣いてたな(`・ω・)
玉山さんもすっごく良かったね!一番最後の泣くシーンはホンマもう心を打たれてしまいました・・・。
エンディングに入ってからも泣いてましたよあたし(苦笑)
沢尻さん扮する由美子はもうねーあの役の人間性が素晴らしいよ。
幸せ・・・っていうのは適切ではないかもしれないけれど、
あんなふうに一生懸命支えてくれる人が傍にいた直貴はやっぱり・・・幸せなんだよ・・・。
(お笑いコンビ組んでた中学の同級生も、心がちゃんと繋がった相手だよね)

差別って理不尽だ、って見ながら思っていたから・・・・
埼玉の倉庫で会長が直貴に「差別は当然なんだよ」って言った時は「え、」ってなった^^;
当然とはやっぱり思わないけれど、でも・・・・仕方がない事なのかもしれないって思っちゃった。
うん・・・だから、兄さんの犯した罪は重いな。

「自分が刑務所に入ればそれで済む問題じゃない。
    弟がその後抱えた苦しみもひっくるめて、彼が犯した罪だ。」


直貴が被害者の遺族を訪問したシーンも泣いたな・・・。
剛志が遺族に宛てた最後の手紙の内容と、遺族の「もうこれでいいと思う」のところで(´;ω;`)
許したわけじゃない・・・許したわけではないんだろうけれど・・・・
もうあたしも直貴と一緒になって泣くしかないよ;;


直貴と剛志が幼い頃に両親を亡くしてどういうふうに生きてきたのか。
そういうところももうちょっと描いて欲しかったけれど、映画だからまぁ仕方がないのかな。
展開も時々早かった気がするのはあたしだけだろうか。
うん、でも結構良い映画だと思います。


・・・・余談だが、テラタケの漫才むっちゃウケたんやけど(笑)



音が飛び飛びなんはウチだけか?微妙にずれとるし。



急に別の話になりますが・・・
東野圭吾さんの「分身」読み終わったんですけどすごく面白かったです^^
  1. 2010/11/20(土) 07:14:17|
  2. テレビ・アニメ・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歩けるって素晴らしい(笑) | ホーム | なんか怖くなってきたw>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yurikaweiling.blog4.fc2.com/tb.php/836-58c8bcf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。